2015年03月31日

ちょっとほーふ

新年度始まるわね。いろいろ複雑な思いで
スタートするがせっかくだし英語を頑張る
年度にしたいわ。毎日スルーしてるWNN
メール読もうっと。あと英語で取材できる
ようになっていかなきゃな…。道は長いわ。
posted by 中村びんご at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Binglish | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月21日

きつねはこんこん

そうそうYlvis「The Fox」が流行ってた
頃からブログに書こうと思っていたんだが
外国人と動物の鳴き声を何て言う?って話
するのは面白いよ。この歌で言えばきつね
何て鳴く?って聞かれたら「こんこん」に
決まってるじゃん!と日本人なら即答だろ。
これは他の国の人には驚愕かもしれないな。
有名どころだと鶏の鳴き声なんて英語だと
こけこっこ以上に長い。でも韓国語は更に
短いんで友達が「英語圏の鶏は異様に長い
鳴き方すぎる」と。韓国語3音節だもんな。
んな鳴き方しないよと中村がつっこんだら
「韓国の鶏はそう鳴くって」と返されたわ。
英語だと豚とか蛙の鳴き声がヘンだよなと
思うわ。話題に困った時とか聞いてみてね。
posted by 中村びんご at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Binglish | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月23日

勉強米寄付

また怪しい英語で海外出張をやり過ごして
しまったな。まぁ仕事の英語ってのは専門
用語の羅列だし…(ってのはよく言われる)
それにしても中村の乏しい英語力で今後も
乗り切ってくのは恐ろしすぎね。みんなの
ようにしっかり英語のお勉強しなきゃかな。
普段全くしてないけどたまに「Free Rice」
やるよ。英単語勉強すると恵まれない国に
お米が送れるというスグレモノなので是非
みんなもゲームのつもりでやってみてね〜。
posted by 中村びんご at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Binglish | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

ナマ英会話事情

また久々のBinglishカテゴリ。さて
カナダ暮らし前の中村が日常で英語を
話す機会があったか。高校の時は知る
人ぞ知るインターアクトという部活の
主務をやってた(演劇部兼部)はずで
確か国際交流系の活動内容で留学生の
歓迎会とかやってたはずなんだがその
記憶は2度くらいしかないな。中村の
趣味で国際理解とかいう名目で映画を
みたりしてた印象。大学は最初ESS
サークル入ろうと考えたりしてたのに
びびってやめた気が。それで前述のに
こっそり。こめけんでは英語使わんし。
そーいえば中村この頃からインストア
女王として頭角を現してくるのよね?
ミュージシャンに会って挨拶するのは
当然英語だ。いきなりセレブを英語の
練習台に使ってるってのが恐ろしいな。
でも長く会話するわけではないしもう
お決まりのフレーズってのが出てくる。
こめけんの時は後輩にミュージシャン
接近法の指導とかしてたな。何様じゃ。
全然関係ないがバイトでよくカテキョ
してたが一度小学校6年間米国暮らし
してきた帰国子女の受験指導したこと
あった。こっちは国語教えているのに
相手は英語でメモとってるって状況で。
でも無事超難関校受かってたな。今頃
どうしてるだろ。あとあまりカミング
アウトしたくないのだが中村の過去の
彼氏は外国人が多かったという指摘が
ある。噂では外人専門とか囁かれるが
きちんと日本人の彼氏だっていたぞ!
しかしそいつも方言で日常会話に難が。
おっと何の話かわからなくなってきた。
posted by 中村びんご at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Binglish | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月11日

秘密おけいこ

中村が英語学習について語り中のまま
放置しがちなこのBinglishカテゴリ。
今翻訳コーディネーター時代のとこか。
この頃中村は今よりずっと恵まれてた
教育給付金制度(確か8割くらい給付
されてたはず)を使ってみようと思い
仕事に関係する習いごとを探した結果
某学院週2×半年間の同時通訳コース
通うことにした。これずっとひた隠し
しててようやくカミングアウトするわ。
このコーディネーターって仕事は将来
翻訳者になりたい人がやることの多い
仕事なんだけど性格的に自分は翻訳者
向きじゃないので実は全然資質の違う
通訳のほうがまだ中村向き?と考えて
みたりもしたかも。業務上でもこの頃
通訳会社と提携し通訳者と接する機会
増えたりもしてて興味持ったのかもね。
通ったとこは厳しめで成績届かないと
落ちる入塾テストもあったし夏の合宿
なんてのも参加したし。成績別クラス
真ん中のとこにいたがプロになるには
道のり長すぎるレベルなのを痛感した。
講師も学校も質が高くていい環境では
あったんだけど。学院長もよく言って
いたが通訳するには言ってること全て
完全に理解したという時点では0点で
しかないんだよな。そこから日本語で
わかりやすい言葉にするってプロセス
以下が勝負のしどころなのに聞き取り
すら全く不完全な中村ではね…。今も
英語なんて半分程度しか理解してない
はず。それを勘っつーか経験っつーか
何かnon verbalなもので補っている
かんじよね。これまで仕事で英語使う
こともあったのにこんな恐ろしい状態。
いつボロ出てもおかしくないわ。英語
わかるようになりたいよぅ。要努力ね。
posted by 中村びんご at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Binglish | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月21日

こーでぃねーたーの日々

ちょっと放置してたカテゴリだが前の続き。
中村は翻訳コーディネーターという職種を
かなり続けてた。でも大ベテランの先輩の
(みんな干支が同じで中村より3周り上と
2周り上の人だった)アシスタントっぽい
位置づけを脱することはなかったな。一応
産業翻訳だったので契約書やマニュアル等
固いもの扱ってたわ。しかし中村が翻訳を
していたわけではないのよといつも注釈。
posted by 中村びんご at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Binglish | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

しょーしゃ

新卒で入った会社は全く英語と関係ないとこで
この1年半だけはたぶん中村は周囲より英語が
できる人だったはずだ。営業で某商社に通って
いたのだけど外国人をみて先輩が「アンケート
英語でとってみて」というので少しやったこと
あったわね(それだけ)。この商社でばりばり
英語を使って仕事する人を目の当たりにし転職
考えたりしたものだったわ。そして翻訳業へ…。
posted by 中村びんご at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Binglish | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

秘密さーくる

中村が大学の時こっそり入ってたサークルと
してエイトルとTGIFがあったんだったわ。
エイトルは「英検1級を取る会」で友達3人
集まってTIMEの記事とか読んでたが活動
したのたぶん2回くらい…。TGIFは聖書
研究会の英語サークルで牧師がクリスマスの
パーティーとか開いてくれるんで好きだった。
posted by 中村びんご at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Binglish | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月27日

渡米で英語修行

大学時代は2回ほど英語を学ぼうと米国に
行ってるわね。たぶん旅んごのカテゴリで
書いてるはず。あーでも卒業旅行を兼ねた
2度めは英語勉強しに行くつもりなかった。
語学学校も生徒が全員ホームステイツアー
参加の日本人だったし。でも楽しんだわね。
最初のNYは逆にもっと勉強より遊んどく
べきだったと思うんだけど。それも経験ね。
posted by 中村びんご at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Binglish | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

落ちこぼれあめけん

大学は2年になってからコース決める
ことができたのだけど入学する前から
アメリカ研究コースって決めてたのよ。
まぁSpike Leeの映画とか影響受けて
いたし。アメ研は16あるコースで一番
キツイと評判だったが今思えばもっと
もっと勉強すべきだったのにと感じる。
中学と高校の第一種教員免許がとれて
専攻的にも英語だったけど「こんなに
自分が英語しゃべることもできず先生
なったら怖いよな」と常に感じてたわ。
posted by 中村びんご at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Binglish | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

らじお重要

そーいえば中学か高校の頃「百万人の
英語」というラジオ講座を聴いていた。
中村はつい最近まで常にNHKラジオ
またはテレビ語学講座を聴いていたが
(たぶんほとんどの言語はサボりつつ
1年はやったことあるはずだ。しかも
覚えようというつもりはほとんどなく
ただよく知らない言語をリピートして
発音してみること自体が好きらしい)
この「百万人〜」は文化放送とかAM
だった気がするな。月曜から金曜まで
かなり個性的な講師だったが中村的に
やっぱ小林克也氏がその当時のヒット
曲の歌詞を解説する(たぶん月曜日)
やつが好きだったかも。だから当時の
曲は歌詞覚えてるんだな。思えば中学
時代とかチャート番組聴き始めた頃は
カタカナ交じりの英語でランキングを
ノートに書き取っていたような。まぁ
このへんは中村周辺の音楽ファンには
共通のエピソードだよな。あと映画の
セリフとサントラを流す番組があって
テープ(時代ね)録った「スタンド・
バイ・ミー」のセリフ&サントラ繰り
返し聴いてたような思い出もあったり。
posted by 中村びんご at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Binglish | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

ぺんぱる

中学までの中村は周囲と比べまぁまぁ
英語のできる人だったのだが高校以降
現在に至るまで常に周りで一番英語の
できない人的ポジションにいるのよね。
高校受験に失敗して第一志望の公立で
なく帰国子女がうじゃうじゃいる私立
行ってしまったからって言い訳しよう。
まぁお勉強的にも文型とか出てきたら
ヤになってきたし(一方で理系の弟は
文型習ったら急に英語がわかるように
なったようだ)。それでも修学旅行が
Sydneyだったというのはよかったわ。
だから中村初海外はオーストラリアよ。
そこでの学校訪問でペア組んで校内を
案内してくれたTeenaとは大学頃まで
文通しつつBobby Brownの話とかよく
盛り上がってたわ。今頃何してるかな。
posted by 中村びんご at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Binglish | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月04日

興味のおもむくまま

このカテゴリ立ち上げた時は中村がよく
使う英語のフレーズとか綴っていく予定
だったのだがまず中村の英語学習バック
グラウンドを説明しようとして長くなり
自滅してたのよね。それで中学あたりで
止まってた気がするんだが。さて音楽や
映画にハマりはじめた田舎少女の中村は
年に数回新宿紀伊國屋書店などに連れて
いってもらうと当時のTigerBeatだとか
BOPだとかTeenBeatだとかUSアイドル誌
コーナーに長々と陣取り読めない英語を
いろいろ予測しつつRiverやAlyssa情報
かき集め「snog」したとはどーいう意味
なんじゃと後で辞書ひいたり体当たりな
英語習得?してた。文法もわからんのに。
あと英語の絵本を集め始めたのもこの頃
だったような…(大学時代に外国の絵本
コレクターとして取材されたことあるよ)
とにかく全部の単語を辞書ひいて和訳の
単語を書いてくってな。めちゃくちゃね。
そしてこんなひどい状態なのにRiverに
ファンレター出したりしてたわ。迷惑ね。
posted by 中村びんご at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Binglish | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

授業と自主学習

何だかずいぶん自分語りモード入ってるわね。
こりゃ長くなりそうな予感。さて中学。授業
科目にも英語が入ってきたが地元公立学校に
してはたまたま英語の先生が某英語圏アジア
諸国に前年までいたという人で発音も本格派
だったよーな。しかし中村はその先生が手を
にぎってきたりしてキモいので(セクハラと
いう言葉を当時知ってたら…)苦手だったわ。
そのせいで姉妹都市の中学にホームステイと
いう夢も諦めてしまったし。でもとりあえず
成績だけは当時よかったはず。5教科は全部
得意だったからね。そしてラジオで基礎英語。
定番ね。1年後は続基礎(ってまだある?)。
あとこのへんから映画や音楽の趣味が絡んで
くるのだけどそれは次回に続くってことで…。
posted by 中村びんご at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Binglish | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

Let's speak Binglish!

ヘンなカテゴリ作ってみたよ。中村twitterと
facebookにおいては英語で書き込んでいるが
中村の英語がひどすぎると評判だ。まぁね〜。
一応は仕事でも英語を使うことがないわけでは
ないし(読む&和訳が中心)カナダに住んでた
こともあるし(このブログの最初のほう見よ)
英語系資格もそれなりに持ってるしそこそこは
英語の勉強もしてきたはずなんだが。でも中村
自分の使う英語を定義するならバックパッカー
英語だな。とか言ったらバックパッカーの方に
失礼かしら。とりあえず通じればテキトーでも
いいと思ってるから。発音とかも日本人である
ことを悟られる程度に下手なほうが好ましいと
開き直ってるし。そんなわけでちょっと中村流
英語について語る(そんなにネタある?)の巻。
かなり恥をさらすことになりそうね。手始めに
中村の英語お勉強歴?を紹介することにしよう。

外国とは無縁の日本人の両親のもと日本で誕生
した中村は究極の純ジャパだ。よく帰国子女に
間違えられるがそれは必ず中村を非難する場面
(んな常識知らねーのかよ!)において。どう
みても大和撫子にしか見えないわよね?そんな
中村は外国の地に憧れを抱く少女でした。小学
3年から6年まで市内のMink夫妻が経営する?
英語教室に通ってたよ。火曜と木曜にそれぞれ
45分ずつだった気がするが毎回30分くらい全員
自己紹介させられてたよーな。実質あまり身に
ついていないわね。ありがちにもMink夫妻って
牧師だったが遠くの教会の人たちで中村的には
一度クリスマス会に行った以外にキリスト教的
思い出はないな。あと小学校の頃は読書的には
外国文学志向だったがさすがに原書で読むとか
ありえなかっただろーな(今の子ハリポタとか
原書で読むじゃん)。おっと続きはまた次回に。
posted by 中村びんご at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Binglish | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする